2012年07月12日

NEC LL750/FにCentOS6を入れてみる(2日目)cakephpを動作確認できるまで編

LAMP of CakePHP on VMware:構築手順メモ2〜CakePHPデコレーションのページに感謝

Apache インストール

yum install httpd

/etc/init.d/httpd start

setup

サービスのhttpdにチェック(スペースを押す)をして、OK→終了する

MySQLのインストール

yum install mysql-server 

mysqld起動
/etc/init.d/mysqld start
 
PHPインストール
yum install php php-mysql
 
Apache再起動 
/etc/init.d/httpd restart
 
 
 
実行しているか確認。
ps aux | grep httpd
ps aux | grep mysqld

自動で起動するのか確認

chkconfig --list httpd
httpd 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off

chkconfig --list mysqld
mysqld 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off

自動起動設定をする

chkconfig httpd on
chkconfig mysqld on

確認

chkconfig --list httpd
httpd          0:off1:off2:on3:on4:on5:on6:off

chkconfig --list mysqld
mysqld        0:off1:off2:on3:on4:on5:on6:off 

これで一応リブートしてみる。

shutdown -r now

 

phpのテスト
vi /var/www/html/text.php
 
<?php
phpinfo();
?>
 
を貼り付けて:wq
 
http://IPアドレス/text.php
 
でアクセスしてphp表示できたらOK
 
CakePHPの設定は続きます

chkconfig httpd on

※Macの場合解凍してからFTPでアップすると.htaccessが抜けてしまっているのでハマッた。wgetでダウンロードするか、windowsで解凍してからFTPでアップするか、圧縮したデーターをFTPでアップした方が良いと思う。

■wgetでダウンする方法
wget http://github.com/cakephp/cakephp/zipball/2.2.0
unzip -d . 2.2.0

[管理者権限になってからかsudoをつける]↓
mkdir -p /var/www/html/cake/

[解凍したcakephpの名前を変更する]
mv cakephp-cakephp-e0b6f86 sample 
cp -rp sample /var/www/html/cake/

■FTPでアップした場合は、
unzip -d . cakephp-cakephp-2.2.0-0-g4b3a8ea.zip
で解凍して上で説明した方法でディレクトリを掘って移動させる。

■tmpのパーミッションを変える
chmod -R o+w /var/www/html/cake/sample/app/tmp/

■apacheの設定変更
vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

■下記を一番下に追加
<Directory <"/var/www/html/cake/">
AllowOverride All
</Directory>

■これが抜けていたからcssが効いていなかったので2時間ほどハマッた
vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
338行目
AllowOverride None

AllowOverride All

■php関連で怒られたので
vi /etc/php.ini

946行目
;date.timezone =

date.timezone = "Asia/Tokyo"

■ セキュリティ関連パラメータ変更
vi /var/www/html/cake/sample/app/Config/core.php

187行目
Configure::write('Security.salt', '適当な文字列');

192行目
Configure::write('Security.cipherSeed', '適当な文字列');


■mysql設定
空白ユーザーの削除とパスワード無しでは入れないようにする

mysqlに入る
mysql

そうしたらmysqlに入った画面が表示されるので、
mysql>

DB表示してみる
show databases;

表示されたmysqlに入る
use mysql

一度出てみる
exit

root権限で入る
mysql -u root

空白ユーザー削除
delete from user where User ='';

ローカルで使う際のパスワードを作る
set password for root@localhost=password('パスワード');

パスワード入りで入る
mysql -u root -p
先程のパスワードを入れる

■cake用にDBを作る
create database caketest;

■確認
show databases;

以下が表示されればOK
+--------------------+
| Database |
+--------------------+
| information_schema |
| caketest |
| mysql |
| test |
+--------------------+

exitを入力してmysqlから抜ける

■mysqlの設定ができたので
app/config/database.php作成

■設定ファイルをコピーする
cp /var/www/html/cake/sample/app/Config/database.php.default /var/www/html/cake/sample/app/Config/database.php

か、ディレクトリに移動して、
cp database.php.default database.php

vi /var/www/html/cake/sample/app/Config/database.php
をするか、
/var/www/html/cakephpの保存場所/に移動して、
vi database.php

■62行目を設定する

62G(数字の62を押してシフトキーを押しながらGを押せば62行目に移動)

62 public $default = array(
63 'datasource' => 'Database/Mysql',
64 'persistent' => false,
65 'host' => 'localhost',
66 'login' => 'root',
67 'password' => '設定したパス',
68 'database' => 'caketest',
69 'prefix' => '',
70 'encoding' => 'utf8',
71 );

■再起動
/etc/init.d/httpd restart

※キチンと表示されたらディレクトリコピーしてテンプレートとして予備を取っておくのも良いかも。

cp -rp sample template

■今回使ったコマンドめも(忘れないように)

httpd.confさわり
 vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
 
Apache再起動
/etc/init.d/httpd restart

動作確認
ps aux | grep httpd
ps aux | grep mysqld


参考サイト
MySQLユーザのパスワードを変更する

LAMP of CakePHP on VMware:構築手順メモ2〜CakePHPデコレーション 

■参考本

MySQL入門以前

オープンソース徹底活用 CakePHP 2.1によるWebアプリケーション開発

posted by マイキー at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | centos | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック