2017年10月04日

PT3の録画サーバーを直してみた&8ch同時録画チューナーをamazonで発見!

PT3の録画サーバーを直してみた

先日、CentOSをうっかりアップデートをしてしまって、録画できなくなってしまいました。

とりあえず動作するようになったので作業メモです。

自分に負けないラボラトリー様」の「録画サーバ構築の前準備編」を参考に「カードリーダ」「PT3ドライバ」「arib25ライブラリ」を入れ直し。
※recpt1コマンドは動作したのでそのまま

その後録画テストをして、録画できるのを確認して助かりました。

あと、同サイトの「MPEG2-TS用のFFmpeg H264エンコードスクリプトを作りました」はかなり良かったです。しかし、自分の録画サーバー(CentOS Core2Duo)でfps4.3しか出ないため、エンコードにかなり時間がかかります(今度ラズパイ2でエンコードしてみよう)。

■参考サイト
自分に負けないラボラトリー様

■amazonで8チャンネル同時録画のボードを発見!

8ch同時録画・視聴 PCI-Express型地デジ・BS/CSチューナー PX-Q3PE4

先月発売されたボードです。Linuxにはドライバ未公開の様です。
TS抜き出来そうですが、買おうか悩んでいます…。 

posted by マイキー at 01:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: