2015年06月02日

無線LANの強度を調べるMacのアプリが6,000円→240円!

「Appleちゃんねる」様の「Two Dollar Tuesdayセールで複数の場所で測定したWi-Fi強度からヒートマップを作成できるMac用アプリ「NetSpot Wi-Fi Reporter」などが240円セール中。 」の記事を見て「NetSpot Wi-Fi Reporterを購入してみました。

ちなみにこのアプリ、「NetSpot Wi-Fi Reporterだけでなくて、「NetSpot(無料)」をダウンロード必要と表示されるので、その表示が出たらダウンロードしましょう。

NetSpotを起動

Spot

マップを作成するか読み込む画面になるので、お部屋の図面がある方は「Lode a Map」自分で図面を描きたい方は「Draw Map」を選択。

今回図面が無いので「Draw Map」を選択して描いてみます。

スクリーンショット 2015 06 02 22 03 10

Zone nameで部屋の名前をつけて、描きたい場所の広さ(メーター)で入力。

スクリーンショット 2015 06 02 22 06 23

四角ツールで描いた方が楽です。サクサクとお部屋の間取りを描いたら、Nextを押しましょう。

required point specifiedと表示されるので、2カ所の調べたい部分をクリックって事なのかな?
無線LAN親機の配置している部屋と仕事場をクリックしました。

 

あとは、描いた図面の場所を歩いてクリックするだけです。

 Walk

ちなみにこんな感じになります。
無線LAN親機から離れた部屋でMacを使ってるんですが、電波強度が弱かったんだなぁ。

外に出てチェックするのも楽しいですよ!
11acってかなり外に飛んでるんだなぁ、と実感出来ます。

無線LANのスピードや、特定の部屋だけスピードが遅い原因とかもわかるかもしれないので、こちらのアプリ安い間に買うことをオススメします。

 

NetSpot Wi-Fi Reporter
カテゴリ: ユーティリティ, ビジネス

6,000円が240円です!

無線の強度が弱くて家中をウロウロしている方にオススメです!

posted by マイキー at 21:22 | Comment(0) | お買い得情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: